Githubの使い方 Windows編

備忘録です。

新しいリポジトリーを作る。

  1. Githubでリポジトリーを作る。

    Create A Repo に従って Create a New Repository からリポジトリーを作る。このとき、READMEは作らない方がわかりやすい。

  2. PCでGit Bashを起動。

    $mkdir リポジトリー名
    $cd リポジトリー名
    $git init
    $touch README
    $git add README
    $git commit -m 'first commit'
    $git remote add origin git@github.com:アカウント名/リポジトリー名.git
    $git push -u origin master

    origin はエイリアス名のこと。後で楽するためにremoteコマンドでリポジトリー名に名前をつけている。

    master はデフォルトのブランチ名。svnでいうところのtrunk。

新しいファイルを追加する。

  1. PCでGit Bashを起動。

    $cd リポジトリー名
    $git add .
    $git status
    $git commit
    $git push -u origin master

リポジトリー名を変更する。

  1. Github でリポジトリー名を変更。
    リポジトリーの Admin ページで Repository Name を rename
  2. PC で Git Bashを起動。
    $vi .gir/config
     [remote "origin"] url = git@github.com:アカウント名/新しいリポジトリー名.git 

     

参考

  1. Git超入門:”git push origin master”の”push”と”origin”と”master”の意味がわからないあなたへ
  2. githubのリポジトリ名を変更する – モンテカットの開発日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中