Mac OS X と homebrew なら驚くほど簡単に node.js で HelloWorld

あっという間に動かせてしまった。

(1) Mac OS X にパッケージ管理 homebrew をインストールする。
$ruby -e "$(curl -fsSkL raw.github.com/mxcl/homebrew/go)"

(2) homebrew を使って node.js をインストールする。
$brew install node

(3) HelloWorldを出力するコードを書く。
コードは nodejs.org から引用。
$vi server.js

var http = require('http');
http.createServer(function (req, res) {
    res.writeHead(200, {'Content-Type': 'text/plain'});
    res.end('Hello World\n');
}).listen(1337, '127.0.0.1');
console.log('Server running at http://127.0.0.1:1337/');

(4) node.js を実行する。
ブラウザでhttp://127.0.0.1:1337/を開くと Hello World と表示される。
$node server.js

便利だなぁ。
環境は以下の通り。
$sw_vers
ProductName: Mac OS X
ProductVersion: 10.7.5
BuildVersion: 11G63

補足
node.js と一緒にパッケージ管理 npm もインストールされる。
We recommend prepending the following path to your PATH environment
variable to have npm-installed binaries picked up:
/usr/local/share/npm/bin

とのことなので、
$vi ~/.bashrc
export PATH=$PATH:/usr/local/share/npm/bin
$source ~/.bashrc

としてあげる。

おまけ
node.js で使えるテストフレームワークはとても数が多い。
mocha(モカ)と should を使うなら、こんな感じ。
コードは mocha から引用。
$npm install mocha should
$mkdir test
$vi test/test.js

var should = require('should');

describe('Array', function () {
    describe('#indexOf()', function () {
        it('should return -1 when the value is not present', function () {
            [1, 2, 3].indexOf(5).should.equal(-1);
            [1, 2, 3].indexOf(0).should.equal(-1);
        });
    });
});


$node_modules/mocha/bin/mocha --reporter spec
Array
#indexOf()
✔ should return -1 when the value is not present

✔ 1 test complete (2 ms)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中