Cent OS 5.9 に rbenv で Ruby, bundler をインストール

Cent OS 5.9 に rbenv を使って Ruby と bundler をインストールした。

(1) git のインストール
$ sudo yum install git
$ git –version
git version 1.8.2.1

(2) rbenv, ruby-build のインストール
$ git clone git://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv

rbenv パスを bash に教えるため、以下の2行を追加
$ vi ~/.bashrc
export PATH=”$HOME/.rbenv/bin:$PATH”
eval “$(rbenv init -)”

.bashrc を反映
$ source ~/.bashrc

ruby-build をインストール
$ git clone git://github.com/sstephenson/ruby-build.git
$ cd ruby-build
$ sudo ./install.sh

(3) ruby のインストール
$ sudo yum install -y readline readline-devel zlib zlib-devel openssl-devel g++ gcc-c++

インストール可能なバージョン一覧を表示
$ rbenv install -l

バージョンを指定してインストール
$ rbenv install 1.9.3-p448

デフォルトで利用するバージョンを指定
$ rbenv global 1.9.3-p448
$ rbenv rehash
$ ruby -v
1.9.3-p448

(4) bundler のインストール
$ rbenv exec gem install bundler

bundler を実行するときは rbenv exec bundle として実行
$ rbenv exec bundle -v
Bundler version 1.3.5

これで rails とか入れたらいい。

参考
CentOS 5.8 に ruby 1.9.3 と Rails 3.3.2 をインストール
http://krakenbeal.blogspot.jp/2012/03/centos-58-ruby-193-rails-332.html

Rails開発環境の構築(rbenvでRuby導入からBundler、Rails導入まで) – Qiita [キータ]
http://qiita.com/emadurandal/items/a60886152a4c99ce1017

Cent OS 5.9 に yum を使って Python 2.6 をインストール

Cent OS 5.9 に Python 2.6 をインストールして、easy_install-2.6 と pip を使えるようにした。
楽するポイントは、EPEL パッケージから yum でインストールする点(EPEL使うと、標準パッケージでは発生しない問題が起きるかもしれません。個人の責任でご利用ください)。

(1) EPEL パッケージを導入

自分が使っている OS を調べる。

$ cat /etc/redhat-release
CentOS release 5.9 (Final)

$ uname -a
Linux bstakatama01 2.6.18-274.18.1.el5 #1 SMP Thu Feb 9 12:45:44 EST 2012 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux

CentOS 5.x で 64 bit なことが分かったので、CentOS 外部レポジトリの追加(EPEL)を参考に、rpm を wget し rpm をインストール。

$ wget http://ftp-srv2.kddilabs.jp/Linux/distributions/fedora/epel/5/x86_64/epel-release-5-4.noarch.rpm
$ sudo rpm -ivh epel-release-5-4.noarch.rpm

(2) Python2.6, easy_install-2.6 を yum でインストール

EPEL パッケージから Python26 と、python26-distribute をインストール。*-distribute を入れると、easy_install-2.6 が使えるようになる。

$ yum install python26 python26-distribute --enablerepo=epel
$ which easy_install-2.6
/usr/bin/easy_install-2.6

(3) pip をインストール

easy_install-2.6 で pip をインストール

$ sudo easy_install-2.6 pip

これで、easy_install-2.6 や pip を使ってパッケージをインストールできるようになる。

参考

CentOS 外部レポジトリの追加(EPEL)
http://www.tooyama.org/yum-addrepo-epel.html