jsdo.itでProcessingを動かす

メディアアートのためのプログラミング言語ProcessingProcessing.jsを使うことで、作った作品をJavaScriptのコミュニティサイトjsdo.itに公開することができる。

jsdo.itでの手順は次の通り。

(1) jsdo.itで新しいコードを書き始める(Start Coding)

スクリーンショット 2013-03-21 13.14.10

(2) JavaScriptのライブラリ追加(Add Library)

スクリーンショット 2013-03-21 13.16.46

(3) Processing.js v1.4.0 – js を選択して Add

(4) HTMLタブに以下のテンプレートを記述

<script type="application/processing" data-processing-target="pjs">
//Processing code is here
</script>
<canvas id="pjs"> </canvas>

(5) //Processing code is here のところに、Processingのコードを記述

このやり方では、JavaScriptタブにはコードを書かない。

Built with Processing[Ver. 1.x対応版] -デザイン/アートのためのプログラミング入門 3-6-4 力をためる、をベースに作ったコードを jsdo.it で公開してみた。

力をためる – jsdo.it
スクリーンショット 2013-03-21 13.03.26

Built with Processingはとても丁寧な解説で、プログラミング自体の入門書としてもオススメ。小学校4年生の娘もこの本(の前半)を使って自習していて、思い通りに動いたときには喜びに身悶えしてる。