Cent OS 5.9 に rbenv で Ruby, bundler をインストール

Cent OS 5.9 に rbenv を使って Ruby と bundler をインストールした。

(1) git のインストール
$ sudo yum install git
$ git –version
git version 1.8.2.1

(2) rbenv, ruby-build のインストール
$ git clone git://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv

rbenv パスを bash に教えるため、以下の2行を追加
$ vi ~/.bashrc
export PATH=”$HOME/.rbenv/bin:$PATH”
eval “$(rbenv init -)”

.bashrc を反映
$ source ~/.bashrc

ruby-build をインストール
$ git clone git://github.com/sstephenson/ruby-build.git
$ cd ruby-build
$ sudo ./install.sh

(3) ruby のインストール
$ sudo yum install -y readline readline-devel zlib zlib-devel openssl-devel g++ gcc-c++

インストール可能なバージョン一覧を表示
$ rbenv install -l

バージョンを指定してインストール
$ rbenv install 1.9.3-p448

デフォルトで利用するバージョンを指定
$ rbenv global 1.9.3-p448
$ rbenv rehash
$ ruby -v
1.9.3-p448

(4) bundler のインストール
$ rbenv exec gem install bundler

bundler を実行するときは rbenv exec bundle として実行
$ rbenv exec bundle -v
Bundler version 1.3.5

これで rails とか入れたらいい。

参考
CentOS 5.8 に ruby 1.9.3 と Rails 3.3.2 をインストール
http://krakenbeal.blogspot.jp/2012/03/centos-58-ruby-193-rails-332.html

Rails開発環境の構築(rbenvでRuby導入からBundler、Rails導入まで) – Qiita [キータ]
http://qiita.com/emadurandal/items/a60886152a4c99ce1017

青空文庫をKindleで読むためのRubyスクリプト

青空文庫を Kindle で読むには「Kindleストア>本>無料本」で探すのが一番簡単。Kindle ストアで見つからなければ、手元の Mac で mobi ファイルを作る。下準備に手間がかかるけれど、新着の小説をいち早く Kindle で読めるようになる。

動作環境:

$ sw_vers
ProductName: Mac OS X
ProductVersion: 10.7.5
BuildVersion: 11G63

手順

0. 前準備(ツールの入手)
1. 青空文庫からXHTMLを入手
2. mobiに変換し確認

0. 前準備(ツールの入手)

(1) Rubyスクリプト aozora2kindle.rb を github からインストール

$git clone https://github.com/takatama/aozora2mobi-ruby.git

(2) RubyでXHTMLを操作するためにHTMLパーサー nokogiri をインストール

Nokogiri
http://nokogiri.org/tutorials/installing_nokogiri.html

の手順に従うんだけれど、少々面倒。

(3) KindleGenと、Kindleプレビューツールを以下からインストール。いずれも無料。

Amazon.co.jp:Kindle ダイレクト・パブリッシング:ヘルプ
https://kdp.amazon.co.jp/self-publishing/help?topicId=A3IWA2TQYMZ5J6

KindleGenは、XHTMLファイルからmobiファイルを作るコマンドラインツール。zipを解凍したディレクトリを適切な場所に移動してから、

$cd aozora2kindle-ruby
$ln -s (解凍したディレクトリ)/kindlegen .

としておくと便利。

Kindleプレビューツールはできたmobiファイルを確認するためのGUI。「アプリケーション」フォルダに移動しておく。

1. 青空文庫からXHTMLを入手

青空文庫のXHTMLへのURLを探す。例えば、坊ちゃんの場合は、次のURLになる。

http://www.aozora.gr.jp/cards/000148/files/752_14964.html

このURLをaozora2kindle.rbに渡して実行。

$cd aozora2kindle-ruby
$ruby aozora2kindle.rb http://www.aozora.gr.jp/cards/000148/files/752_14964.html

すると、752_14964.htmlが作成される。あわせて、mobi ファイルに変換するための下準備として、(1) XHTMLファイルが参照するCSSファイルの入手、(2) CSSファイルが参照する画像の入手、(3) CSSファイルでの縦書き指定、(4) XHTMLファイルが参照する画像の入手、をそれぞれ実施している。

2. mobiに変換し確認

KindleGenを使って、下ごしらえしたXHTMLファイルをmobiファイルに変換する。

$./kindlegen 752_14964.html

Kindleプレビューツールを使って、できたmobiファイルを確認する。mobiファイルをKindleに送信すれば持ち運べるようになる。